犬の飼い方

予防接種が義務?!犬の飼い方で大切な病気予防について

投稿日:

犬をペットとして飼いたいと思っていても、病気になってしまえば心配で仕事も手に付かない可能性があります。
狂犬病予防注射のように飼い主の義務となっている予防接種もありますが、他の混合ワクチンのように義務では無いものの病気予防のためにおすすめのものも。
そこで犬の飼い方の中でも病気予防に関する大切なポイントについて、去勢・避妊手術も含めて解説します。

予防接種が病気予防のためには大切

生後91日以上の犬を飼うときには「狂犬病予防法」によって、市区町村などの地元自治体への飼い犬登録と年1回の狂犬病予防注射の接種が飼い主の義務になります。
鳥や猫を飼うときとは違う犬の飼い方には、このように狂犬病予防注射を受けさせる義務がありますが、他の予防接種も病気予防には大切です。

義務である狂犬病予防注射について

狂犬病予防注射は自治体による集団接種を利用することも可能で、自治体によって金額は変わりますが、注射料金3,000円前後と注射済票手数料550円程度が必要になります。
集団接種を利用しなかった場合、動物病院などでも受けられますが、金額は病院によっては少し高額になるケースも。
獣医師会に所属していない動物病院なら安く済む可能性もありますが、どこで受けてもこの予防接種は狂犬病予防にしか意味がありません。

病気予防には混合ワクチン接種もおすすめ

狂犬病予防注射は義務なので必ず必要となりますが、他の病気予防のためのワクチン接種についても考えなければなりません。
ペット保険も増えていますが、加入していなければ飼い犬が病気になった場合の治療費は全額自己負担になるため、どうしても高額になってしまうもの。
病気予防のための混合ワクチンは義務ではありませんが、病気による高額な治療費や犬が辛い思いをしなくて済むように予防接種は受けるのがおすすめです。

混合ワクチンの種類(5種や7種など対応する病気の種類で変わる)や動物病院によって費用は変わりますが、1種当たり1,000円前後を想定しておき、5種なら5,000円、9種なら9,000円程度の費用を考えて、無理の無い範囲で種類は多い方が安心ですね。
子犬として飼い始めた一年目には何度か予防接種を受ける必要があるから、一度で済むとは考えずに動物病院で予防接種のスケジュールを相談しながら決めると安心です。
2年目以降は飼い主次第ですが、数年おきに受ければ良いと考える獣医師も多いので負担は少なくなります。

去勢・避妊手術も一部の病気予防になる

去勢・避妊手術をするかどうかは犬の飼い方でも飼い主の考え方次第になる部分ですが、メスなら乳腺腫瘍や子宮蓄膿症、オスなら精巣腫瘍や前立腺肥大など一部の病気予防になるのがポイントです。
手術費用は犬種(大きさ)や動物病院によって変わりますが、小型犬の場合なら

  • 去勢手術:20,000円~
  • 避妊手術:30,000円~
  • ぐらいを考えておき、事前に近所でも評判の良い動物病院に問い合わせると教えて貰えます。

    犬をペットショップなどで購入すると数十万円の出費になるため、去勢・避妊手術費用はそこに含めて用意してから飼い始めるのがおすすめです。
    そうすれば手術が可能な年齢になったときにすぐに対応出来るから、安心して犬との生活を楽しむことができます。

    -犬の飼い方
    -

    Copyright© 初心者向けの犬の飼い方「ワンコといっしょ」~準備・しつけ・ドッグフードの話~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

    Copyright © 初心者向けの犬の飼い方「ワンコといっしょ」 All Rights Reserved.

    無添加生ペットフード『ブッチ』は肉食である犬の特質を考えて食いつき◎新規バナー