ドッグフード

ドッグフード選びで失敗しないための3つのおすすめポイント

投稿日:

ドッグフードは犬をペットとして飼い始めた場合、メインの食事だからしっかりと選んで良いものをあげたいですね。
ですがドッグフードの種類はとても多く、価格も色々な商品があるためどれを選んだら良いのか迷ってしまうもの。
そこで犬の大きさや年齢など、ドッグフード選びのおすすめポイントを解説します。
犬の好みも大切ですし、価格も無視できないポイントとなるからしっかりと確認してください。

犬の年齢に合ったドッグフードを選ぶ

ドッグフード選びのポイントは、ずっと同じ商品で良いと思わずに犬の年齢に合わせて変更していくこと。
子犬の頃と成犬、シニア犬といつまでも同じドッグフードを与えるのでは無く、年齢によってピッタリの商品を見つけることが大切です。
ドッグフードには分かりやすく対象となる年齢が記載されている商品も多いので、簡単に分かるから大丈夫。

子犬向けのドッグフードは粒が小さく、シニア犬向けは消化しやすいなどの違いがあります。
栄養素に関しても考えられていて、年齢によって必要となる栄養がプラスされているものも。
年齢がマッチしていれば基本的にはドライフードで問題ありませんが、食欲が無いときや元気が無いと感じたらウェットフードにするのもおすすめ。

犬種や体の大きさもドッグフード選びのポイント

ドッグフードには一部の人気が高い犬種向けの専用商品もありますが、小型犬用といった体の大きさによって違う商品が用意されています。
年齢に関しては配合される栄養なども変わりますが、犬種による違いは粒の大きさがポイントです。
小型犬向けには小さく、大型犬向けには大きな粒で作られている商品が多くなります。

栄養は同じで粒の大きさだけが違うなら、あまり気にしなくても良いと思うかもしれませんが、小型犬に大型犬向けの大きな粒のドッグフードをあげると食べるのが大変です。
逆に大型犬に小型犬向けの小粒のドッグフードを与えても、噛み応えが無いからおすすめ出来ません。
体の大きさによって与えるドッグフードの量も変わりますが、実は粒の大きさに関しても大事なので、飼い犬の犬種に合わせて選ぶのがおすすめポイントです。

犬の好みや価格も考えてドッグフードを選ぶ

ドッグフードを選ぶ際の一番大事なポイントとなるのが、飼い犬自身の好みです。
どんなに栄養たっぷりで人気ランキング1位になるようなおすすめドッグフードでも、好みに合うとは限りません。
安心出来る原材料なども魅力的ですが、結果的に美味しそうに食べてくれるドッグフードが一番のおすすめです。

そのためドッグフード選びでは、どんなにお得でもいきなり大袋では買わないこと。
最初は価格が割高でも少量の商品を購入して、それを与えたときの食欲などを確認することが大切です。
コスパ的にはお得でも、食べてくれなければ無駄になるため、好みを確認するまでは少量パックを購入すること。

ただし、その場合も大袋なら無理なく購入できる金額であることも確認しなければなりません。
食費はずっと続く出費になるため、無理に高級なドッグフードを選ぶと後が大変。
高級なものは特別なおやつとして用意してあげて、普段の食事では購入しやすい価格帯のドッグフードを選ぶのがおすすめポイントです。

【関連ページ】
ドッグフードは何がおすすめ?愛犬のための選び方のポイント

-ドッグフード
-

Copyright© 初心者向けの犬の飼い方「ワンコといっしょ」~準備・しつけ・ドッグフードの話~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

Copyright © 初心者向けの犬の飼い方「ワンコといっしょ」 All Rights Reserved.

人気ドッグフード『モグワン』は人間も食べられる食材を使用で食いつき◎モグワンドッグフード2