ドッグフード

本当に安全!?無添加のドッグフードを選べば良いのか

投稿日:

食品添加物は人間にとっても気になりますが、安全な食事を考えた場合にはドッグフードに関しても無添加の商品が魅力的ですね。
ただし、無添加にこだわってドッグフードを選んでも、入手性などを考えるとデメリットになる部分も。
添加物には品質を安定させたり栄養面でのメリットなどもあるため、あまり気にしすぎない方がおすすめ。
添加物が入っていない無添加のドッグフードにこだわる方法もありますが、入っていても安全性に大きな問題は無いから大丈夫。
無添加のドッグフードが気になるあなたのために、添加物について解説します。

無添加のドッグフードだけが安全なのか?

無添加という表示があると安全性が高いと思うかもしれませんが、実際には添加物の中にも良いものがあるから勘違いしないこと。
特に栄養添加物と呼ばれるビタミンやミネラルが配合されていた方が、栄養素的には優れているのが分かりますね。
品質を安定させるための添加物もあるため、大切なポイントは無添加という表示にこだわりすぎないこと。

同じ野菜や肉を使ったとしても、自然のものだけに含まれている栄養についてはばらつきがあります。
無添加では安定して必要な栄養量を配合するのは難しいため、添加物はとても大切な役割があるからしっかりとした知識が大切。
酸化防止剤はドッグフードの品質を維持するためにはとても大切ですし、無添加だけが安全とは限らないのがポイントです。

無添加にこだわりすぎなくても大丈夫

そもそもドッグフードに限らずペットフードとして市販されている商品の場合、使われている添加物はどれも使用が許可されているものだから大丈夫。
安全性に関する試験なども行われているので、無添加にこだわらなくても安全面に大きな問題はありません。
しかも注意が必要な添加物については、ペットフード安全法によってきちんと上限値も決められているから、心配しなくて済むように作られています。

品質面にはあまり意味がないような、着色料などの添加物については含まれていないものを選ぶのもおすすめです。
ドッグフードの商品パッケージには、原材料が色々と書かれているから、心配ならばしっかりとチェックするのもあり。
ですがそういった手間をかけなくても、日本で売られているドッグフードについては、添加物の基準などもあって安全面に配慮されているから心配はいりません。

入手性も考慮してドッグフードは選ぶこと

少しでも健康に良いようにと考えて、無添加のドッグフードを選ぶのは飼い主の自由です。
ですがあまりにこだわりすぎると、手軽に近所のペットショップやドラッグストアでは購入できない商品ということに。
ネット通販で購入できれば入手性に問題はありませんが、届くまでに時間がかかるから早めに注文しなければなりませんね。

仕事が忙しくて注文するのを忘れたときなど、近所ですぐに購入できる商品だと便利です。
何よりもこだわりのドッグフードほど値段も高額になるため、コスパも考えて家計に負担にならない金額の商品であることもポイント。
添加物には必要なものもあるため、無添加だから良いと思わずに、愛犬が喜んで食べるドッグフードを選ぶのがおすすめです。

【関連ページ】
ドッグフードは何がおすすめ?愛犬のための選び方のポイント

-ドッグフード
-

Copyright© 初心者向けの犬の飼い方「ワンコといっしょ」~準備・しつけ・ドッグフードの話~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

Copyright © 初心者向けの犬の飼い方「ワンコといっしょ」 All Rights Reserved.

無添加生ペットフード『ブッチ』は肉食である犬の特質を考えて食いつき◎新規バナー