ドッグフード

体重に年齢?!ドッグフードの量を決めるポイント

投稿日:

ドッグフードを愛犬にあげるとき、もっと食べたそうにしているとつい追加であげたくなりますね。
ですがどんなに可愛い仕草でもっと欲しそうにしていても、ドッグフードを食べ過ぎれば肥満の原因にもなるため、与えるエサの量は飼い主であるあなたがしっかりと管理する必要があります。
犬の体重によって必要なカロリー量は変わりますし、年齢もエサの量を決めるポイントです。
喜ぶからおやつもあげたくなりますが、どのくらいの量を与えれば良いのか気になるあなたのために、ドッグフードの量について解説します。

ドッグフードの量は愛犬の体重や年齢によって決まる

ドッグフードは色々な商品が市販されていますが、それぞれの商品毎に含有カロリー量が違うのは当然です。
そのため一回の食事として何g与えれば良いのかは、購入したドッグフードによって変わるから注意すること。
知り合いが飼い犬に与えている量を聞いたとしても、犬の大きさや商品が違う場合には参考になりません。

ドッグフードの量は愛犬の体重と商品のカロリー量によって変わることになりますし、更に年齢によっても変わります。
なぜ年齢で量が変わるかというと、子犬の頃は成長するために大人の犬よりも多くのカロリーが必要となるためです。
そのため1日に与えるドッグフードの量に関しては、購入した商品パッケージに記載されている量を確認して決めること。

ちなみに日清ペットフードだと季節による量の違いも記載されているなど、商品によって記載内容が変わることもあるため、ドッグフードを変更するときは必ず確認する必要があります。
多くのドッグフードで表記されている量は1日分になるため、朝晩の2回に分けて与えるなら1回分は記載量の半分になるから間違えて与えすぎないように注意。

おやつにもカロリーがあるから与えすぎないこと

犬を飼っているとおやつをあげることもありますが、これにもドッグフードと同じようにカロリーがあるから量を多く与えすぎないように注意する必要があります。
しつけをしているときに良く出来たからとおやつをご褒美にあげるのは良いのですが、おやつ類の商品は高カロリーの傾向があるから量が多くなるのは問題。
ドッグフードは総合的な栄養バランスが考えられていますが、ジャーキーなどのおやつはあまり栄養バランスまでは考えられておらず、量が増えると栄養が偏る可能性があるからあくまでもメインはドッグフードです。

おやつをあげる場合はカロリー量をしっかりと確認して、多くても必要な1日分のカロリー量に対して20%までに抑えること。
量を増やさずにおやつを何度もあげたいならば、小さく切り分けたものを与える方法がおすすめです。
サイズは小さくなくなりますが飼い犬はおやつを喜んでくれますし、摂取カロリーを増やさずに回数が増やせるのでしつけの際にも困りません。

【関連ページ】
ドッグフードは何がおすすめ?愛犬のための選び方のポイント

-ドッグフード
-

Copyright© 初心者向けの犬の飼い方「ワンコといっしょ」~準備・しつけ・ドッグフードの話~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

Copyright © 初心者向けの犬の飼い方「ワンコといっしょ」 All Rights Reserved.

無添加生ペットフード『ブッチ』は肉食である犬の特質を考えて食いつき◎新規バナー